忍者ブログ

新参!消費者金融申込ブラック

消費者金融申込ブラックや金融関連を綴っていきます★

[PR]

2017/10/24 (Tue) -

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


実際自己破産をするとなると 自己破産の流れ

2008/07/28 (Mon) - 消費者金融

自己破産の期間

同時廃止の場合、受任から免責が決定するまでにかかる期間はおよそ半年~数ヶ月です。もちろん個人の事情や裁判所によっても異なりますが、手続きの間は業者への支払いはストップします。


自己破産のスケジュール

①受任
自己破産の手続きを弁護士に依頼した場合、まず債権者全てに対して受任通知を送付します。受任通知とは、弁護士が代理人となって自己破産の手続きを行っていくことを通知するものです。

②債権調査、申立て準備
債権者に受任通知を送付してから1、2ヶ月ぐらいで、債権調査票が送られてきます。
全ての債権者から債権調査票が出揃った時点で申立人の借金の総額が確定しますので、申立書の作成準備に入ります。

③申立て
申立人(自己破産する人)の住所を管轄する地方裁判所に、申立書とその他必要な書類を添付して提出するします。

④破産審尋
裁判官との面接が行われ、自己破産を申立てるに至った事情や、現在の借金の返済状況などが聞かれます。
(裁判所によっては破産審尋が行われないこともあります)

⑤破産手続開始決定、同時廃止決定
借金を返済できない状態にあると裁判官が認定します。
(この時点ではまだ借金がなくなったわけではありません)

⑥免責申立て
免責とは、裁判所の決定により借金をなかったことにすることを言います。
免責の申立てをして、免責決定が確定して初めて借金がなくなります。

⑦免責審尋
破産審尋と同じで、免責を申立てるに至った事情や現在の借金の返済状況を聞かれます。

⑧免責異議申立て
申立人の免責申立てに対し、債権者は1ヶ月間の間なら異議を申立てることができます。

⑨免責決定
裁判官が様々な事情を総合的に判断し、申立人の借金を免除するかどうか判断します。
この免責決定を得てはじめて、借金を支払う義務がなくなります。

PR

PREV HOME NEXT

TRACKBACKS

TRACKBACK URL

 
アクセス解析
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]